能美健志 振付作品『春の祭典』に坂田守・長谷川まいこが出演

※終了しました

3月17日(木)、18日(金)東京芸術劇場「2016 都民芸術フェスティバル」の
現代舞踊公演で上演される、能美健志 振付作品『春の祭典』に、
坂田守と長谷川まいこが出演します!

ストラヴィンスキーが『春の祭典』を発表してから約100年。
時代を超えて、いまもアーティストを創作に掻き立てているこの楽曲が、
能美健志版『春の祭典』として新たな魅力を発信します。

本作品に、坂田守と長谷川まいこがダンサーとして出演しています。
皆さまのご来場をお待ちしております。

チケットをご希望の方はお問合せページから、
①お名前 ②ふりがな ③電話番号 ④メールアドレス を入力し、送信してください。
折り返し、お支払方法やチケットの引渡についてご連絡します。

◆2016 都民芸術フェスティバル 現代舞踊公演◆

プログラム:
柳下規夫『冷たい満月 ニジンスキーの影に翔る』
山本 裕『The color of flowers』
能美健志『春の祭典』

公演日時:
3月17日(木)19:00開演
3月18日(金)19:00開演
※開場は開演の30分前

会場:東京芸術劇場 プレイハウス
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

チケット料金(全席指定・税込):
前売・当日 4,000円
【学生席】1,000円(2階Z席/現代舞踊協会に要事前申込/当日要学生証提示)

その他公演の情報はこちらから

harusai_omote

harusai_ura